8人制サッカーで個を伸ばせ

 サッカーU―23日本代表が、ロンドンオリンピック出場を決めた。女子代表なでしこジャパンとそろっての出場で、7月下旬の開幕が待ち遠しい。日本との時差は8時間あり、組み合わせによっては深夜や未明が予想されるので、また寝不足の日々となりそうだ。
 オリンピック候補というのはまだ早いが、日高地方のサッカー少年も熱い戦いを繰り広げた。先日開催した本紙協賛の第16回日高新報杯である。一時雨に見舞われたが、日高サッカー協会や多くの保護者の協力で無事終えたことにまず感謝したい。6年生はもちろん、5年生以下でも非常に能力の高い選手が何人も目に付いた。将来、日の丸を背負う選手が輩出されることを願わずにはいられない。
 その少年サッカーは、4月以降、大きな転機を迎える。現在の11人制から、すべての試合(スポ少のみ例外)が8人制になるのだ。昨年度から一部の試合で導入され、本年度も新報杯を含めて半数の大会が8人制だったが、来年度からは完全に移行される。ピッチは、幅は変わらず長さは12㍍短縮。日本サッカー協会の方針で、選手一人のボールタッチ数を増やすことと、ゴール前でのシュート機会を増やすのが狙いだ。
 新報杯を見ていてもタッチ数は増えたように感じた。が、場合によってはデメリットもある。ある関係者は「選手育成が目的のシステム。勝ちにこだわるあまり、能力の高い選手にばかりボールを集めるような戦術では、逆効果になる可能性もある」と指摘する。田舎は選手数が少なく、高学年に頼りすぎるケースも出てくるだろう。とはいえ選手にとっては個を伸ばすチャンスでもある。8人制ならではの試合が展開されることを願う。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る