8人制サッカーで個を伸ばせ

 サッカーU―23日本代表が、ロンドンオリンピック出場を決めた。女子代表なでしこジャパンとそろっての出場で、7月下旬の開幕が待ち遠しい。日本との時差は8時間あり、組み合わせによっては深夜や未明が予想されるので、また寝不足の日々となりそうだ。
 オリンピック候補というのはまだ早いが、日高地方のサッカー少年も熱い戦いを繰り広げた。先日開催した本紙協賛の第16回日高新報杯である。一時雨に見舞われたが、日高サッカー協会や多くの保護者の協力で無事終えたことにまず感謝したい。6年生はもちろん、5年生以下でも非常に能力の高い選手が何人も目に付いた。将来、日の丸を背負う選手が輩出されることを願わずにはいられない。
 その少年サッカーは、4月以降、大きな転機を迎える。現在の11人制から、すべての試合(スポ少のみ例外)が8人制になるのだ。昨年度から一部の試合で導入され、本年度も新報杯を含めて半数の大会が8人制だったが、来年度からは完全に移行される。ピッチは、幅は変わらず長さは12㍍短縮。日本サッカー協会の方針で、選手一人のボールタッチ数を増やすことと、ゴール前でのシュート機会を増やすのが狙いだ。
 新報杯を見ていてもタッチ数は増えたように感じた。が、場合によってはデメリットもある。ある関係者は「選手育成が目的のシステム。勝ちにこだわるあまり、能力の高い選手にばかりボールを集めるような戦術では、逆効果になる可能性もある」と指摘する。田舎は選手数が少なく、高学年に頼りすぎるケースも出てくるだろう。とはいえ選手にとっては個を伸ばすチャンスでもある。8人制ならではの試合が展開されることを願う。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る