日高川町で半世紀以上前のカメラが話題

 昨年9月の台風12号で大きな被害を受けた日高川町和佐、吉田孝夫さん(70)所有の借家で半世紀以上も前に製造されたレアなカメラが見つかった。昭和30年4月に販売されたミノルタの「ミノルタA」で、吉田さんは30年ほど前まで愛用しており、「本当に懐かしい。当時がフラッシュバックします」と笑顔。カメラは現在も使用可能で、古いカメラなど展示している日高川交流センターに寄贈する。
 ミノルタAシリーズの初代タイプで、同社初のレンズシャッター式ライカ判レンジファインダー(光学視差式距離計の測定に連動してレンズの焦点が合う)カメラ。シャッターを前後逆に搭載することでレンズの出っ張りを薄くしており、ボディーは昭和24年販売のミノルタメモを踏襲しただるま型だが、近代的な軽金属製となっている。
 吉田さんは借家が日高川の濁流にのみ込まれて半壊。被災後、掃除していたところ、棚の上から見つかった。中学生のころ、叔父からプレゼントされたカメラで、当時はうれしさのあまり毎日枕元に置いて寝た宝物だったという。以来、カメラが趣味となり、旅行やイベントに行っては記念撮影などに利用。地元、丹生神社の笑い祭りでは毎年、大興奮しながら1枚1枚フィルムを巻き上げ、シャッターを切りまくった。40歳のころまで愛用していたが、新しいカメラと8㍉カメラの購入を機に使わなくなり、ここ30年ほどは記憶とともにカメラの姿は消えていた。
 借家は取り壊したが、久しぶりの再会に喜びを感じている。市内のカメラ店で鑑定してもらったところ、現在も使用できることが分かり、喜びもひとしお。「寄贈する前に、間もなく運行を始める新型の特急列車を撮ってみようかな」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る