日高川町で半世紀以上前のカメラが話題

 昨年9月の台風12号で大きな被害を受けた日高川町和佐、吉田孝夫さん(70)所有の借家で半世紀以上も前に製造されたレアなカメラが見つかった。昭和30年4月に販売されたミノルタの「ミノルタA」で、吉田さんは30年ほど前まで愛用しており、「本当に懐かしい。当時がフラッシュバックします」と笑顔。カメラは現在も使用可能で、古いカメラなど展示している日高川交流センターに寄贈する。
 ミノルタAシリーズの初代タイプで、同社初のレンズシャッター式ライカ判レンジファインダー(光学視差式距離計の測定に連動してレンズの焦点が合う)カメラ。シャッターを前後逆に搭載することでレンズの出っ張りを薄くしており、ボディーは昭和24年販売のミノルタメモを踏襲しただるま型だが、近代的な軽金属製となっている。
 吉田さんは借家が日高川の濁流にのみ込まれて半壊。被災後、掃除していたところ、棚の上から見つかった。中学生のころ、叔父からプレゼントされたカメラで、当時はうれしさのあまり毎日枕元に置いて寝た宝物だったという。以来、カメラが趣味となり、旅行やイベントに行っては記念撮影などに利用。地元、丹生神社の笑い祭りでは毎年、大興奮しながら1枚1枚フィルムを巻き上げ、シャッターを切りまくった。40歳のころまで愛用していたが、新しいカメラと8㍉カメラの購入を機に使わなくなり、ここ30年ほどは記憶とともにカメラの姿は消えていた。
 借家は取り壊したが、久しぶりの再会に喜びを感じている。市内のカメラ店で鑑定してもらったところ、現在も使用できることが分かり、喜びもひとしお。「寄贈する前に、間もなく運行を始める新型の特急列車を撮ってみようかな」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る