中国の商社が日高港からの木材輸入を約束

 御坊商工会議所 (吉田会頭) が紀州材輸出の社会実験をきっかけにかねて交流を続けている中国大連総合商社 「遼寧成大貿易発展有限公司」 の林強社長らが12日に商工会館を訪れ、 吉田会頭や柏木征夫市長と懇談した。 その中で林社長は大連港に木材輸入専用の埠頭(ふとう)整備が進んでいることを報告し、 「完成すれば日高港からぜひ木材を輸出してほしい」 などと、 大連港での受け入れに全面協力する姿勢をみせた。
 林社長は家族らとともにプライベートで来日。懇談の場では「この機会を利用して報告したいことがある」とし、「大連港で地元と日本、シンガポールが協力して木材専用の埠頭開発を行っている。木材は乾燥させて建築資材などに利用するが、政府から港で乾燥できる許可も得ており、木材を輸出する側は乾燥の手間が省けコスト削減につながる」と説明。さらに「御坊や周辺にはたくさんの間伐材があると聞いており、製紙原料にもってこいだと考えている。日本人1人当たりが年間に使う紙の量は500㌔。中国では50㌔とまだ少ないが、これからどんどん需要が増えていく。また、中国では農村の生活水準アップを目指すため新しい家が次々建っていく。ここでも木材が必要になる。木材の商売は10年、20年先までいける」などと、日高港からの木材輸出に熱烈ラブコールを送っていた。
 吉田会頭は「紀州材は質がよいので、できるだけ高値で買っていただきたい」と要望し、柏木市長は「建築材にヒノキを使えばアトピーに効くという報告もあるので、そういった使い方もできる」と紹介していた。
 今回の林社長からの提案は地元林業者にとって大きなビジネスチャンスで、日高港の有効活用も期待できる。ただ、林社長によると、現在ニュージーランドやチリ、ロシアから輸入している木材の価格は1立方㍍当たり1万円を切っており、2倍以上の値がつく紀州材との価格交渉がポイントとなりそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る