映画監督 故野田幸男氏の生家跡地に石碑

 市内御坊の日高別院は、 北側隣接地に映画監督故野田幸男氏の生家跡地であることを示す石碑を建立した。
 別院では平成21年に野田家から生家跡地の寄贈を受けて現在駐車場として利用しているが、 野田氏の業績を後世に伝えるのが目的。 石碑は中町通り沿いにあり、 高さ1・2㍍、 幅40㌢で、 野田氏の映画監督としての活躍を文字で彫り込んでいる。
 それによると、 京都大学卒業後の昭和33年、 東映東京撮影所に助監督として入社し、 娯楽映画を学んだ。 43年には 「プロレスwリーグ・血ぬられた王者」 で監督デビューし、 「不良番長」 で劇映画デビュー。 代表作は 「○課の女 赤い手錠」 で、 遺作は 「ゴルゴ13・九竜の首」 となっている。
 別院の責任役員で御坊商工会議所副会頭の川瀬和男さんは 「寺内町観光で多くの人が訪れる中、 御坊にこんな有名な人がいたことを知ってもらいたい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る