進む森岡地区の産廃計画

 市内森岡区産業廃棄物処分場建設計画は、県の認可手続きが進んでいるが、反対派の動きが活発化してきた。塩屋地区では中止を求める塩屋の会が発足して学習会やデモ活動など実施。会員は500軒1000人以上を目指している。反対の理由は「処分場の汚染物質が周辺に流れ出し、農漁業に影響を与える」など。確かに処分場では専用のシートを敷いて廃棄物を埋めるが、そのシートが地震や老朽化で絶対に破れないとはいいきれない。
 7、8年前の楠井の産廃問題のときには、地元区総会で反対が決まったが、森岡の処分場に反対しているのは塩屋の住民たちで、言い方は悪いが法的に部外者だと聞いている。しかし、森岡地区から王子川の下流に位置するのが塩屋地区で、処分場で汚染水漏れでも起きた場合の影響は避けられず、全くの部外者というのも少々疑問である。
 しかし、そんな不安がある中も、賛成、反対を決められるのは地権者のみ。建設予定地は個人と区の所有になっているが、いずれも建設に賛同している。建設地がある市と印南町の首長は意見を述べることができるが、県が数年かけて慎重に環境影響調査をしたり、専門家の意見を聞いたりした上で手続きを進めており、市は「安全性を保つため業者の指導を徹底してほしいとしかいいようがない」と漏らしている。そうなると計画に待ったをかけるのは難しい気がする。
 ただ、影響が心配される周辺地域や住民が建設に待ったをかけるのが難しいなら、せめて産廃のような影響の大きな施設に関しては何かあった場合に業者や県からの補償が事前に確約できる法律や仕組みが必要だとも思う。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る