御坊の園児ら福島へメッセージ

 東日本大震災から11日で1年になるのを前に、市内3幼稚園・保育園の園児が東北の被災地へ手作りメッセージを作製。このうち御坊幼稚園(伊藤真園長、園児49人)では、7日に贈呈式が行われ、同園児が作った特大の手紙がお披露目された。歌『手のひらを太陽に』の歌詞を書き、手形を押して「みんな同じ太陽を見ているよ」との思いを込めており、エコキャップ推進協会に託して福島県に届ける。
 メッセージを送ったのは、御坊幼のほか、御坊はこぶね幼稚園とつばさ保育園。3園とも、日ごろからJA紀州中央が取り組んでいるペットボトルのキャップを集めて世界の発展途上国支援や、昨年3月11日以降は東日本大震災の復興義援金にも充てられている「エコキャップ運動」に協力している。今回、JA紀州中央から「被災地を応援するために、何かできないか」との相談を受け、各園ともメッセージを作った。つばさ保、はこぶね幼は思いを書き入れた横断幕などをすでに紀州中央に渡しており、この日御坊幼稚園で、エコキャップ推進協会の永田近事務局長を招いて贈呈式が行われた。
 御坊幼の園児が作ったのは、縦1・8㍍、横2・7㍍の和紙に描いた特大手紙。東日本大震災以降、同園では『手のひらを太陽に』をテーマソングとして1年間を通してうたってきたことから、手紙には年長児17人が歌詞を墨で書き入れた。年中児は子どもたちの顔を切り紙で作り、年少児は大きな太陽の周りに手形を押した。外側には御坊特産のスターチス(花言葉=変わらない心)も散りばめて完成させた。
 贈呈式では、特大手紙の前で園児たちが『手のひらを太陽に』をうたい、つばさ・はこぶねのメッセージと合わせて永田局長に託した。永田局長は「この小さなペットボトルのキャップが縁で、和歌山県と福島県が結ばれ、皆さんの思いが詰まった素晴らしいメッセージを送ることができることに感動しています。このようなメッセージを被災地に送るのは初めてで、福島県の南東北支部を通じて必ず届けます」と約束した。同園の年長児担任の稲田昌代さんは「福島県には行けませんが、みんな同じ太陽を見ています。同じ太陽の下で楽しく遊べるように、この歌で元気になってほしいとの思いを込めました」と話し、被災地の一日も早い復興を願っていた。
 この日は1年間集めたペットボトルのキャップをJA紀州中央のきちゅうくんに手渡し、芝光洋組合長は「これからもお願いします」と協力を呼びかけていた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る