美浜町が住宅用太陽光発電を補助へ

 美浜町は昼間の電力需要ピーク緩和、CO2の排出削減等に効果のある太陽光発電の普及を促進するため、来年度から住宅用発電設備の設置に補助金を交付する方針を決めた。補助額は既築住宅と新築住宅で異なり、既築住宅は1㌔㍗当たり3万円、既築に比べ工事費等のコストがかからない新築住宅には1㌔㍗当たり2万円。県内市町村では和歌山市、有田川町などに次いで5番目の制度で、9日開会の議会に予算を提案する。
 美浜町はこれまで、役場とひまわりこども園に太陽光発電を導入しているが、議会や住民からの要望もあり、一般住宅への補助制度を導入することを決めた。補助の対象、金額等は県の制度にならい、既築も新築も5㌔㍗を上限とし、1㌔㍗当たりそれぞれ3万円、2万円を交付。24年度当初予算案には既築を3戸分、新築を2戸分として65万円を計上している。
 住宅用太陽光発電に対する補助は国、県の制度もあり、県内の市町村では和歌山市、有田川町、広川町、串本町の4市町(23年度当初)が実施。5番目の名乗りとなる美浜町の場合、既築住宅の5㌔㍗設備で国(J―PEC)、県の制度と併用すると、国(1㌔㍗当たり4万8000円)が24万円、県と町が15万円ずつで計54万円の補助となる。
 美浜町は予算が承認されれば、一定期間申し込みを受け付け、申し込み多数の場合は抽選となる予定。森下誠史町長は「CO2の排出削減が叫ばれ、原発事故による電力需要のひっ迫も見込まれるなか、町としてもできる限り住宅用太陽光発電の導入を支援したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る