県ソフトボール協会 中井さんに奨励感謝賞

 長年にわたりソフトボールの普及、 振興に尽力してきた人たちをたたえる県ソフトボール協会 (会長=二階俊博代議士) の平成23年度表彰が決まり、 日高地方からは中井量吉さん (69) =御坊市島=が奨励感謝賞を受賞した。 中井さんは生まれつきの聴覚障害を抱えながら33年間も公認審判員を務め、 ハンディをもろともしない正確なジャッジで選手のハッスルプレーをサポート。 今月末で審判員は引退するが、 「今後もできる限りの協力をしていきたい」 と元気いっぱいだ。
 本年度の受賞者は功績賞4人 (日本ソフトボール協会表彰2人含む) と奨励感謝賞1人。 4日に和歌山市中央コミュニティーセンターで開かれた同協会総会の席上、 表彰式が行われた。
 中井さんは以前からスポーツ観戦が趣味の一つで、 友人に勧められたのをきっかけにソフトボールに携わるようになった。 昭和53年暮れ、 県内の公式大会で審判ができる第3種公認認定に合格。 同61年には近畿クラスの公式戦でジャッジを任せられる第2種公認認定も見事にパスした。 県内で近畿大会が開かれた時には主審を務めたこともあり、 男女問わず小学生から一般まで幅広い年齢層の選手たちを陰で支える縁の下の力持ちとして活躍してきた。 日高新報社主催、 日高地方女子ソフトボール大会にも毎年参加。 20年ほど前、 ソフトボールの大会が多かった時には毎週グラウンドに通い、 ここ数年も毎年10試合程度は審判を務めている。 平成17年度には同協会の功績賞を受賞。
 言語と聴覚が不自由な中の審判。 ジェスチャーをフルに使ってカバーするなどしてスムーズな、 トラブルのない試合進行に努めた。 主審の際にはファールチップの音が聞こえないということもあったが、 塁審に協力してもらうなどし、 常に公平、 正確なジャッジで信頼を得てきた。 33年間では午前5時半に自宅を出発したり橋本市や田辺市への出張もあったが、 「いろんなところへ行けるのがうれしかった。 橋本市であった近畿大会が一番の思い出」。 審判員をやめようと思ったことは一度もなく、 「大会がない時は退屈」 とグラウンドに立つのを何よりも楽しみにしてきた。
 体調面にやや不安があり、 今月末で審判員は引退するが、 「これからも大会があれば観戦に行きたいし、 連絡をもらえばお手伝いもしにいきます」 と意欲的。 今回の受賞に際しては 「2回も賞をいただき、 まさかという気持ちで本当にうれしい」 と記念の盾を手に笑顔を見せている。 平成27年に県内で開催される障害者スポーツの全国大会でもスタッフとして協力したいと張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る