M9.0、そのとき自分はどこに

 東日本を襲った震災から、間もなく1年がたとうとしている。あのときを思い返してみると、震源地から遠く離れたみなべ町にいた。大津波警報が発令され、日高地方での動きをカメラに収めたあといつも通り印南町の自宅に帰宅。津波はここまでこないだろうと思いながらも、みんな避難しているのか気になり、高台の避難所を見に行った。役場職員が数人いて自主避難者の受け入れ態勢を整えていたが、避難者の姿はなく、誰も逃げていないのだから大丈夫と思ったのを記憶している。
 「日本人は同調性の傾向が強く、この同調性が災害時の避難行動を妨げる」との、ある大手新聞での記事が目にとまった。1年前の筆者の心の中が透けているような言葉だと、胸に突き刺さった。誰かが逃げているのか気になる、誰も逃げていないから逃げない、そんな思いを持った人もいただろう。では、この同調性を逆手に取ることもできる。誰かが逃げているから自分も逃げよう。こんな意識を植え付けることが、災害に強いまちをつくる。だから日ごろの訓練が大事だ。
 震度7の揺れ、10㍍の津波、いろんな想定で訓練が行われているが、どんな地震が起こるかよりも、どんな場面で起こるかを想定することが重要。親は出勤途中、子どもは登校途中の午前7時40分、子どもが下校途中の午後3時45分、両親が仕事に出て家族がバラバラになっている土曜日の午前11時ごろなど、具体的なシーンを想定した地域ぐるみの訓練が必要で、人に教わるより自分で考えることが大切だ。自宅近くの避難場所がどこか理解しただけでは不十分。マグニチュード9・0、そのとき自分は、家族はどこにいるのか、誰にも分からないのだから。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 便利で役に立ちま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る