M9.0、そのとき自分はどこに

 東日本を襲った震災から、間もなく1年がたとうとしている。あのときを思い返してみると、震源地から遠く離れたみなべ町にいた。大津波警報が発令され、日高地方での動きをカメラに収めたあといつも通り印南町の自宅に帰宅。津波はここまでこないだろうと思いながらも、みんな避難しているのか気になり、高台の避難所を見に行った。役場職員が数人いて自主避難者の受け入れ態勢を整えていたが、避難者の姿はなく、誰も逃げていないのだから大丈夫と思ったのを記憶している。
 「日本人は同調性の傾向が強く、この同調性が災害時の避難行動を妨げる」との、ある大手新聞での記事が目にとまった。1年前の筆者の心の中が透けているような言葉だと、胸に突き刺さった。誰かが逃げているのか気になる、誰も逃げていないから逃げない、そんな思いを持った人もいただろう。では、この同調性を逆手に取ることもできる。誰かが逃げているから自分も逃げよう。こんな意識を植え付けることが、災害に強いまちをつくる。だから日ごろの訓練が大事だ。
 震度7の揺れ、10㍍の津波、いろんな想定で訓練が行われているが、どんな地震が起こるかよりも、どんな場面で起こるかを想定することが重要。親は出勤途中、子どもは登校途中の午前7時40分、子どもが下校途中の午後3時45分、両親が仕事に出て家族がバラバラになっている土曜日の午前11時ごろなど、具体的なシーンを想定した地域ぐるみの訓練が必要で、人に教わるより自分で考えることが大切だ。自宅近くの避難場所がどこか理解しただけでは不十分。マグニチュード9・0、そのとき自分は、家族はどこにいるのか、誰にも分からないのだから。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る