RAKUYUの「夕鶴」に期待

 日高地方唯一のアマチュア劇団RAKUYUの第9回公演が今月10日午後7時から、市民文化会館で上演される。演目は「夕鶴」。民話「鶴の恩返し」を芸術にまで昇華させた、木下順二の名作だ。戦後、人々が生きることに必死だった時代に初演され、「一人一人の心を洗うよう」と絶賛された◆学生時代、友人に演劇部員や映画研究会員がいて、公演や自主映画上映会によく出かけた。演劇部の公演会場は、熱演する役者の草履が筆者の膝の上に飛んでくるような小劇場だった。正直、情熱は認めるが意味のよくわからない作品も数多かった。だが、あの熱い雰囲気は懐かしい◆「道成寺 宮子と道成ものがたり」「奇跡の人」「アリマ」などRAKUYUが披露してきた公演は、学生劇団の熱い自己主張ばかりみなぎる舞台とはもちろん歴然と違う。社会経験を重ねた大人としての感性に支えられ、観客と分かち合える大きな感動を目指す舞台だ。その核には、舞台上に世界を生み出す創造への情熱がある◆社会人になると、仕事と家のこと以外に何らかの活動を続けるのはなかなか難しくなる。ライフワークと呼べるほどに活動を充実させるため必要なものは何だろうか。時間、それに心のゆとり。しかしゆとりだけでは駄目なのだ。情熱がなければ、物事は続けられない◆「おかね」を理解できない無邪気なつう。素朴で自分の気持ちに正直な与ひょう。儲け話を見逃すまいとする現実的な惣ど。欲と人情の間で揺れる運ず。今回は照明等をシンプルに、登場人物の存在感を出すという。おなじみの作品を「どう」表現するかが劇団の腕の見せどころ。1人でも多くの人にRAKUYUの「夕鶴」を観てもらいたいと思う。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る