子どもの体力向上

 100回…200回…300回!?市内の保育園で行われている体育指導の時間を取材すると、 子どもたちが縄跳びにチャレンジしており、 その回数に驚かされた。また、しつけもしっかりされており、競争心をあおる熱血指導。子どもたちも楽しそうだった。
 これまで感じなかったが、市内の保育園や幼稚園へ取材に行くようになり、園児の体育指導が盛んな印象を受ける。冒頭の園以外でもリズム体操や器械体操の発表会があり、ブリッジをしたり、跳び箱を4段も5段も。マットで前転、側転を成功させる。器械体操が苦手だった筆者からすると、うらやましい限り。ちなみに筆者は鉄棒の前回りができないし(逆上がりはできる)、跳び箱やマットの成績も下位。先日も小学生に縄跳び2重跳びの勝負で負けた。
 文部科学省が行っている体力・運動能力調査によると、子どもの体力、運動能力は昭和60年ごろから現在まで低下傾向が続いているといわれており、現在の子どもの結果を、その親の世代である30年前と比べると、ほとんどの項目で子どもの世代が下。社会全体をみて学力を重視する傾向にあり、生活の利便性や生活様式の変化によって日常生活で体を動かす機会が減っているのが一因だろう。
 前回の小欄で「結婚していないヤツが結婚について書くな」と冗談の指摘があった。今回も独身の筆者が子育てについてコラムを書いているが、やはり子育てにおいて子どもの運動能力向上は大切だと思う。子どもは風の子、元気な子、どこかで聞いたフレーズ。学力も大切だが、外で思い切り遊んだり、幼いころからの体育指導に力を入れて体力や運動能力を高める必要もある。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る