県農業教育賞 稲原中が最優秀

 県と県農業協同組合中央会の平成23年度県農業教育賞で、印南町の稲原中学校(冨山修次校長)が最優秀賞に輝いた。同校が毎年取り組んでいる学校横の稲中農園での作物栽培や地域との連携が評価され、20年度に続いて2回目の最優秀賞。7日午前10時45分から同校体育館で表彰状伝達式が行われる。
 本年度の農業教育賞には小学校9校、中学校1校、支援学校1校の合計11校が応募。最優秀賞1校、優秀賞1校、奨励賞3校を選んだ。
 稲原中は、まちの主産業である農業を学ぶことで地域に誇りを感じてもらうとともに、生徒の主体性や積極性、協調性を養おうと、東隣にある田畑を稲中農園と名付け、毎年、さまざまな作物を栽培。23年度はもち米、サツマイモ、大豆、小豆、メロン、トウモロコシ、ブロッコリー、キャベツ、サニーレタスなど学年ごとに希望の作物を選び、苗植えから草引き、収穫までJAや地域の人の協力を得て、生徒たちが作業してきた。収穫した作物は「鍋パーティー」で味わったり、無人販売や近くの産品所に出荷して売り上げを活動費に充てたり、もち米は福祉施設に寄贈するなど地域にも貢献。23年度は新たな取り組みにチャレンジし、これまで教諭が担当していた水路整備や肥料まきも生徒で行い、収穫した作物で「食べるラー油」や「ポップコーン」を作るなど新たな料理にも挑戦した。
 冨山校長は「農業体験を通じて教育活動を充実させてきたことが認められ、大変うれしく、生徒たちの励みにもなる。今後もさらに充実させ、子どもたちの豊かな成長につながる取り組みを続けていきたい」と話している。
 日高地方では稲原中のほか、稲原小学校が奨励賞に選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る