出会いを大切に

 きょうから3月、いよいよ春も本番間近。春といえば別れと出会いの季節だが、出会いについて書きたい。
 今から2年ほど前、中日ドラゴンズ入団を決めた岡田俊哉投手(20)=美浜町出身=に人生のターニングポイントをテーマにインタビューした。智弁和歌山で1年夏からマウンドに立った左腕。初めての甲子園では、150㌔を超す速球を誇る佐藤由規投手(ヤクルト)を間近で見て、「自分もこんな投手になりたい」と向上心に火がついた。高3の春、偶然空き時間ができ、センバツ決勝を生観戦。150㌔超の豪腕ながら打たせて取る投球術も持ち合わせる清峰のエース・今村猛投手(広島)から、最後の夏を乗り切る大きなヒントを得て、スカウトもうなる巧みな投球を身につけた。高嶋仁監督や甲子園で対戦した数々の強打者ら、さまざまな出会いを通じて「いまの自分があるのも”運命の出会い”があったからこそ」と話した。その言葉が強く印象に残っている。
 記者という仕事も出会いがたくさんある。夢実現へ一生懸命なスポーツ選手にやる気をもらったり、困難を乗り越えて頑張る人たちに勇気をもらったり。日々の新しい出会いからいろんなことを学び、充実させられていると感じている。
 ただ、新しい出会いを生かせるかどうかは自分の心持ちしだい。岡田投手の場合、「出会いはプラス。いかに相手から吸収できるかどうか」と積極的な姿勢があったからこそ、成長につなげることができたと思う。高校を卒業して社会人として働く、またふるさとを離れて大阪などで大学生になる。新生活が始まる人たちには、多くの出会いが待っている。偶然から運命にも変えられる出会いというものを大切にしていってほしい。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る