御坊市長選 一騎打ちへ

 5月20日告示、 27日投開票の市長選はかねて新人の出馬や擁立の動きが浮上しては消えを繰り返してきたが、 ここにきて16年ぶりの選挙戦突入が確定的となってきた。 島の新人男性 (51) =飲食店経営=が出馬の意思を固めたためで、 23日にも正式に名乗りを上げる見通し。 現時点で他に動きはないことから、 すでに出馬表明している現職柏木征夫氏 (71) =5期=との一騎打ちの公算が高まっている。
 かねてうわさになっていた新人男性は 「正式なことは出馬会見のときにしたい」と話しながらも、「御坊では人口が減り、若者が少なくなって元気がない。『何とか変えていかなアカン』という思い。長年選挙がないが、 だれかが出なければいけない。 夢のある御坊にしたい」などと、無投票阻止の狙いも含めて出馬への決意は固い。
 一方、 柏木氏は去る14日の議会一般質問の答弁で 「熟慮に熟慮を重ねた結果、引き続き市勢発展のため頑張りたい。心機一転、新たな気持ちでいまなすべきことは何かを一つ一つひも解き、一層気を引き締めてまいりたい」と出馬を表明した。これまで対抗馬や後継者擁立の動きはあったが、いずれも表明するところまで話は進まず消えていった。また、柏木氏には30団体を超す出馬要請があり、名乗りを上げたあとも推薦状が出されているほか市議会の保守系も支援を表明するなど独走ムードが強まっていた。ただ一部には根強い多選批判があり、無投票になるかどうか予断を許さない状況だった。
 過去の市長選をみると、柏木氏が平成4年5月に無投票で初当選、2期目の8年には共産党新人と一騎打ちとなったが、以後3、4、5期の連続3回無投票となっている。
 柏木氏に推薦状 21日に森岡区(山田裕司区長)と日高川土地改良区(北岡俊彦理事長)から提出。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る