合コンで地域活性化

 東日本大震災以降いままで結婚に興味がなかった独身女性が前向きになったと、さまざまなメディアで報じられている。震災がきっかけで長すぎた交際が結婚に至ったり、震災の時に連絡をくれたことで友だちが彼氏に変わったり、相手との絆を深めた人が多いという。結婚相手に求める条件も経済力より頼りがいを求める傾向。会社で出世する人や地位のある人はどんな時でも家族より会社、テレビドラマで見たような気がするが、いまや仕事はそこそこ、いざという時に家族を最優先する男性が好まれるという。
 過去、結婚相手に求める条件が「3高」(高学歴・高収入・高身長)という時代があったそう。いまは「3平」(心の平穏・平均的な年収・平凡な容姿)がトレンド。そんななか「1995年生まれは生涯未婚率20%」と予想されているニュースを見た。そうなると出生児数はさらに減ると考えられ、ますます少子化が進む。
 男女が新しい出会いを求めて集う合同コンパ。田舎では知り合いや友だちの友人がそろったり、体裁を気にしてあまり好まれないようだが、都会では大規模な「街コン」「メガ合コン」が開催されている。同じ地区の複数の飲食店が会場になり、数十~数百人の男女が会費を払って制限時間内に飲み歩きをしながら新たな出会いを楽しむ。日高地方でもお見合いや婚活パーティーが開かれているが、それの大規模発展版といえ、飲食店の利用による地域おこしと婚活支援の一石二鳥になるのではないだろうか。地域や職場のつながりが薄くなり、よくいたといわれる「世話焼きな人」が少なくなった時代。もっと自治体や各種団体、企業や店が合コンを仕掛けていっても面白い。      (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る