1歳児がスマホ どう思う?

 経済講演会で、経済ジャーナリスト須田慎一郎さんから聴いた話である。会社の忘年会に女性社員が1歳9カ月の子どもを連れてきたが、1時間後に大泣き。収拾がつかず、「お開きか?」と思った矢先、女性社員が子どもにある物を手渡したら、ピタリと泣きやみ満面の笑み。それは最新型のスマートフォン。子どもは画面をなぞってアイコンを探してアプリケーションを起動。画面には牧場が映し出され、ウシやヤギの姿。スマホで遊んで、会は予定通り行われたという。
 この話を聞いてどう思うかが問題。筆者は「そんな子どもがいるのか。普通の子はしない」と考え、須田さんも「子育てをしながら女性が仕事をするための特殊なケースと思った」と振り返った。このような考えはその時点で思考が止まり、何も生まれない。逆に頭の切り替えができる人は、「こんなソフトを開発、販売するところがあり、需要もある。小さい子ども向けのビジネスが成立している」と受け入れられるのだという。
 須田さんが、成功を手にするポイントとして強調したのが「発想の転換」。電機メーカーなど低迷する中、思わぬ業界が好調だったり、ある企業が畑違いと思われる分野の物を開発、最先端の技術を持っていたりするそうで、「過去の経験、成功にとらわれず、情報をどのように考え、組み立てるか。気がつくか、つかないか、注意が結果として大きく変わる」とアドバイス。これは経済に限ってのことだけではなさそう。成功へのヒント、道標は無限大。さまざまなことに関心を抱き、見聞きしたことに対して、自分の物差しで関係ないと片付けず、これまでの経緯やこれからの展望などさまざまな角度、可能性を考えてみる。何ごとも心持ち一つ。過去に固執せず、柔軟に。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る