日本を支えるものづくり

 7日に京都の島津製作所で行われた御坊商工会議所の視察研修に同行した。島津製作所といえばノーベル科学賞を受賞した田中耕一さんがいる会社ということは知っていたが、恥ずかしながら何をしている会社かあまり認識していなかった。
 簡単にいってしまえば精密機器の開発、製造を行っている会社だが、例えばX線の撮影装置やタンパク質の質量測定装置を開発した日本、いや世界最先端の科学技術を持っている。もともと仏具製造業を営んでいた初代社長の島津源蔵氏がなぜ科学の分野に進んだのか。時代は東京遷都が行われた明治初期。そのとき京都は衰退の危機に見舞われ、欧米の最新技術の導入で復興を目指そうと、次々と産業施設が設立された。こうした状況の中、島津氏は近くの工場試験場に足しげく通って関心が高まるにつれ、「日本独自の科学技術を確立しなければならない」という思いが芽生えてきたからだという。
 また、京都には島津製作所以外にも村田製作所やオムロンなど最先端の科学技術を誇る会社がたくさんある。漆器や織物、人形など伝統工芸品が根付いていた京都の地にそういった科学分野の会社があるのは一見不思議に思うが、専門家によると、繊細な製造技術が必要という点で相通じるものがあり、精密機器を製造する会社設立の礎になったそうだ。
 いずれにしても、島津製作所がものづくりに対して貪欲に取り組んでいく姿勢に頭が下がる。常に研究、開発を繰り返し、ときには商品化につながらないようなものを開発しても、それをまた何かに利用して販売につなげる知恵と努力もある。この姿勢こそが、不況のあおりを受けず事業発展を続けていく秘訣(ひけつ)なのだと思った。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る