ありがたくない流行りもの

 寒い季節には、風邪とインフルエンザというありがたくないものが流行する。当日高地方でも、連日のように小中学校等で集団インフルエンザによる学級・学年閉鎖が報じられている◆以前は風邪の激しいのがインフルエンザであるぐらいの認識だったが、もちろん風邪とインフルエンザとは原因となるウイルスも違う、別の病気である。インフルエンザが疑われる時は医療機関の診断を仰ぎ、感染が明らかなら迅速で的確な処置が必要。ともかく子どもや高齢者ら体力的に弱い人にうつさないうちに治さなければならない◆ネットで調べるとインフルエンザの歴史は古く、古代エジプト時代にはすでに記録がある。16世紀、イタリアでインフルエンザと名付けられた。日本語で流行性感冒、略して流感というが最近はあまり聞かないように思う。マスコミなどでは2008年ごろから「インフル」と省略するようになった。江戸時代には、次々に感染していくことから歌舞伎の「お染久松」にかけて「お染かぜ」と呼ばれ、寄せつけないよう家の表に「久松留守」と書いて張ったりしたという◆有効な予防策はやはり外出後のうがい、手洗い。意外と顔などにウイルスが付着する場合があるので、洗顔も心がけるとよいそうだ。乾燥した状態で活発に活動するウイルスなので、部屋の湿度を保つこと。換気も定期的に。インフルエンザといえども、十分な体力と免疫力があれば症状が激しくても自然に収まるのだ◆インフルエンザも風邪も、適切な休養・栄養・保温・保湿が有効なのは共通している。何といっても自分の体を大切にするという姿勢、心がけが、ウイルスを寄せつけない基本中の基本だろう。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る