日本のバレンタイン80周年

 ことしは日本におけるバレンタインデーの80周年だという。昭和7年にそんな西洋的な行事があったとは、と不思議に思い調べてみた◆そもそもローマ時代、兵士の結婚を禁じた皇帝に逆らい、秘密に兵士と恋人を結婚させていたバレンタイン司祭が2月14日に処刑されたのがこの日の起こり。世界中で「愛の日」として花や菓子を贈り合うが、女性が男性にチョコレートを贈るのは日本だけだ◆洋菓子店モロゾフが1931年(昭和6年)に神戸で創業。翌年2月にバレンタインチョコレートを発売したのが日本のバレンタインデーの始まりだそうだ。社名の元となったロシア人菓子職人モロゾフの名も、英語読みだとバレンタインだった。一般に広まったのは40年以上経った1970年代後半。菓子の中でチョコへの限定がこれほど定着したのは、他の菓子にない要素が日本人の琴線に触れたのだろうか◆昔からチョコは大好物。運転中の眠気覚ましにもガムや飴よりチョコレート菓子を用意する。チョコを使った菓子と他の甘い菓子とは、魅力において酒好きにとってのアルコール飲料とそうでない飲料くらいの違いがある。甘いだけでなくその底にある苦味が魅力の鍵とも思える◆カカオ豆は学名テオブロマ・カカオ。アステカ語で神の食べ物を意味する。大航海時代にスペインが古代メキシコのアステカを征服。アステカ人が「神の飲み物」として飲んでいたカカオ飲料にスペイン人が砂糖を入れたところ苦味と甘味が絶妙にマッチし、やがて世界に普及した◆「神の食べ物」の苦味と、欧州人が文明の味として加えた甘味の融合。人が人を恋う気持ちの甘美さとほろ苦さを、チョコの味は表現しているのかもしれないなどと思ってみる。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る