経験に勝る学問はなし

 大きな新聞社には、毎日取材に出る記者以外に、遊軍という特定の部署や担当を持たず、社に待機しながら持ち込み記事や突発的な取材に対応する記者がいる。各分野に経験を積んだベテランでなければ務まらず、 チームを勝利に導くためには、前線の指揮官との意思統一が最優先されなければならないが、時間がないなかで目的を達成するためには衝突することもしばしば。
 直木賞を受賞した佐々木譲の『廃虚に乞う』では、凄惨な事件現場で心身のバランスを失い、心療内科医から長期休養を命じられたベテラン刑事仙道が北海道の事件現場を駆け回る。当然、捜査一課や所轄捜査本部の刑事からは「休職中の身でなにを勝手なことを…」と疎まれるのだが、現場の指揮官の立場、性格、プライドを傷つけないよう、捜査の枠の外から、遊軍的な動きで事件を解決に導く示唆を与える。
 読売のナベツネ、政治評論家の三宅久之らをモデルに、40年前の新聞社と政界を描いた山崎豊子の『運命の人』。主人公の記者は生臭い永田町と霞ヶ関を駆け回る政治部のエースで、一見、ネタほしさに政治家にすり寄るヨゴレ記者ながら、己の功名よりも読者(国民)のためにという筋が通っており、清濁合わせ呑みながらスクープ合戦の戦場で底なしの穴にはまってしまう。巨大な国家権力の前に、記者の矜持も折られてしまうが、導かれ、たどり着いた島で少しずつ人間性を取り戻していく。
 発想の幅はその人が動いた距離に比例し、現場を見、聞き、さわり感じてこそものごとの本質に近づける。学問なき経験は、経験なき学問に勝る。誇り高き記者も、刑事も、まちのリーダーも、自ら動かず、挑戦しない人間に成長はない。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る