介護保険制度の見直し急務

 市の介護保険料の基準月額が暫定値ではあるが、5477円に決まった。現行に比べて1087円(24・8%)の大幅アップ。要因は高齢化に伴うサービス利用の増加や特養老人ホームの増設など。介護保険計画策定委員会では承認が得られたものの、「抑制する方法はないのか」「どこまで上がるのかきりがない」などと不満や不安の声が上がっていた。
 保険料の引き上げを抑制する方法としては県の財政安定化基金や介護保険準備基金の取り崩しがあるが、それを投入しても抑制効果は微々たるもの。ほかにサービス内容、種類を減らすということも考えられるが、これではそのサービスを受けている人たちにとっては困る話だ。
 もう一つ、一般財源からの公費負担という手もある。しかし、現行では全体の介護保険運営費のうち、負担できる額は国が25%、県と市町村がそれぞれ12・5%と決まっており、すでにその分を換算して今回の保険料も設定している。特定の人が恩恵を受ける保険の制度上、これが公費負担の限界という判断だが、将来的にだれもがお世話になる制度なのだから、保険料を抑制するために公費負担をもっと増やしてもいいのではないかと思う。ただ、御坊市の例をみると、約1億円を負担したところで、保険料額の抑制効果はわずか400円。こんなことを毎年続けていれば到底財政が持たない。公費負担を増やすなら制度を作った責任もある国がすべき部分だろう。
 それにしても、毎回上がり続ける保険料。まったく天井が見えず、確かに大きな不安。筆者ももうすぐ納めなければならない年齢になるからいうわけではないが、一番肝心なのは制度自体の根本的な見直しだろう。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る