温かい心が通うコーナー

 昨年9月に襲った台風12号による被災者支援へ、日高川町の交流センターにリサイクル物品の情報を案内する「もらってちょうだい&こんなのちょうだい」というコーナーがある。中津公民館が行っているコーナーで、提供者がいらなくなった物をカードに登録し、無料で希望者に譲渡する仕組み。町内では台風の影響による日高川の氾濫で全壊・大規模半壊各11棟、半壊37棟、床上浸水193棟、床下同86棟の住宅被害が出たが、それに伴い日々の生活になくてはならない家財道具を失った家庭も多い。被災者にとって住宅の復旧もさることながら、家財道具をそろえるのも一苦労で大きな負担となっており、「もらって~」のコーナーは本当に素晴らしい取り組みだ。
 コーナーではこれまで2件の物品の受け渡しが成立している。そのうち1件が鏡台で、初湯川の中本美千代さんが坂野川の湯上恵子さんに譲り渡した。中本さんは「困っている方のお役に立てれば」と思い出の品を登録。湯上さんは、自宅が床上1㍍の浸水被害を受け、ほとんどの家財道具が使い物にならなくなり、譲り受けたいと希望したという。このほど中本さんが鏡台を湯上さん宅まで運んだが、湯上さんは「一からそろえるのは大変で困り果てていました。本当に助かります」と感謝感激。この話を聞いて、提供品の受け渡しだけでなく、人の絆を深め、温かい心を通い合わせるコーナーなんだと感じた。
 筆者宅にも、引退はしているがまだまだ使えそうな家財道具がたくさん。ほとんど新品の物まである。同様に倉庫や物置に利用しなくなった家財道具が眠っている家庭も多いのでは。「日高は一つ」。被災者支援へぜひ提供品の登録を。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る