農地バンクやシルバー活用を

 梅と並ぶみなべ町を代表する特産物、紀州備長炭。品質がよく、取引している東京の焼き鳥店からは「備長炭がなければこの味は出せない」と高い評価を受けている。そんな伝統産業にも高齢化の波が押し寄せている。先日みなべ川森林組合の松本貢さんが講演でいわれていたが、現在いる40人の炭焼き職人のうち10人が80歳を超え、近いうちに現役を引退する人が多いという。地元の職人が少なくなる中、地域産業を支えているのはIターンの若手。10年ほど前に備長炭がブームになったのも手伝って、都会から移住、地元の女性と結婚した人もおられる。志があれば、地元の人だろうが都会の人だろうが関係ない。地域産業を守るのは、人なのだ。
 農業が盛んな日高地方では、やはり後継者不足が深刻な問題となっている。そんなことは10年以上前からいわれているが、いまだにこれといった有効な対策はなく、少ない面積で効率のいい農産物を作る集約農業が主流となっているいま、耕作放棄地はますます増える一方だ。就農を希望するIターン者も多く、地域農業の一翼を担っているが、遊休地が増えるスピードには追い付かない。
 泣き言をいう前に、いろいろ試す必要がある。一つは農地バンク制度を創設し、貸してもいい土地を農家から集約し、農業委員会管理のもと町が就農希望者を募集、斡旋という方法はどうだろうか。希望者がなければシルバー人材センターを活用し、行政が支援して稲や野菜、花の栽培をしてもらうのもいい。お年寄りの生きがいにもつながるし、収穫物は産品所に出品して収益を上げる。素人考えの提案だが、地域農業を守れるのは人でしかない。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る