日本語の魅力再発見

 御坊ライオンズクラブ主催「日高地方子ども暗唱大会」を取材した。5時間半の長丁場だったが、工夫を凝らした発表に心惹かれ、予定を全部変更して最後まで鑑賞してしまった◆「枕草子」など古典文学、中島みゆきの歌の歌詞、歌舞伎のセリフ、友人の作った詩、日本国憲法前文と、目を見張る多彩さ。仕草も交えた表情豊かな暗唱が、言葉のイメージをふくらませてくれる。小学生の群読ではおなかの底から響かせる声がすがすがしくこだまし、その元気でまっすぐな声が真理を語るとそれだけで心動かされる。「茂吉のねこ」を全編聴けたのは懐かしかったし、今回初めて耳にして感銘を受けた詩等もあり、個人的にも収穫だった◆万事スピードが求められる今の世の中だが、言葉を本当に伝えるにはそれにふさわしいテンポがあると再認識。「雨ニモ負ケズ」はよく知っているつもりだったが、一語一語ゆっくり区切るような暗唱をきくと意味がより深く心に染み通り、宮沢賢治の凄さがいま初めて分かったような気さえした◆講評では子どもたちの力演を労ったうえで、「リズムなどを前面に出して合唱のようになると、かえって言葉の内容が後退する」と述べられていた。原則としてはその通りだと思うが、言葉とは本来、それ自体リズムを持つもの。「小諸なる古城のほとり、雲白く遊子悲しむ」など五七調の凛とした格調高さ、「月も朧に白魚の、かがりもかすむ春の空」など七五調のリズミカルな楽しさも、日本語の魅力のバリエーションの一つだ◆「美しい日本語の再発見」というテーマ通りの、大変意義深いひととき。目で活字を追うのとは一味違う、新鮮な文学体験だった。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る