下川に監視カメラの設置を

 去る16日、下川で清掃活動を行っている御坊下川河川愛護会を取材にいった、まさにそのときだった。筆者が車で茶免橋上流付近を走っていたら、年配の女性が、下川に向かって白いビニール袋を勢いよく放り投げていた。悪びれた様子はなく、捨てたあとも平然と立ち去っていった。もちろんポイ捨て、不法投棄。思わず突撃しようと思ったが、距離が離れていたため見失ってしまった。
 下川が流れる寺内町は、観光地としてことしも新年早々から続々とツアーが組まれている。だから愛護会が美しい下川で観光客を出迎えようと、寒い冬の日に水に入ってゴミの撤去を行っているそのときに、一方ではゴミを捨てている。何とも嘆かわしいというか腹立たしいというか…。いったいどうすればポイ捨てがなくなるのか。これまでも看板の設置や回覧板などで啓発を行ってきたが、効果は薄い。対策としては下川沿いにフェンスを設置するというのもあるが、多額の費用がかかるため、財源の捻出が難しいし、景観の問題もあるようだ。
 そこで不法投棄の担当となる御坊保健所に対策はないのか問い合わせてみた。最初は「なかなか難しい」と答えるだけだったが、筆者が「監視カメラの設置はどうですか」と聞くと、担当者は「実は予算がどうなるか分からないが、24年度の新規事業で摘発を視野に入れて県内への設置を検討している」ということを教えてくれた。同じ地域住民を見張る監視カメラを仕掛けなければならないこと自体、情けない話だが、摘発するしないは別にして一定の抑止効果も期待できる。これはぜひ下川にも設置してもらいたい。地元区や市は早急に要望してはどうだろうか。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る