有権者の声を反映して

 24日告示、29日投開票の印南町長選。しばらく現職続投の無投票ムードが流れていたが、昨年末に新人が名乗りを上げ、一気に選挙モードに。投開票まであと2週間と迫り、2人の立候補予定者は激しい前哨戦を展開している。本紙では有権者の「100分の1アンケート」と題し、75人に独自のアンケートを実施。3回にわたり紹介してきた。
 まず最初は関心度。印南の選挙は毎回85%を超える高い投票率を保っているだけあって、「関心あり」が77%。意外だったのは、若者層で「関心なし」が少なかったこと。4年前の前回では多く見られたが、現職が若いことも影響しているのか、投票率アップにも期待できそうだ。
 2回目は「町長に必要なもの」を尋ねたところ、「人情」を抑えて「政策」がトップに選ばれた。3回目ではその「政策」でも特にどんなことをしてほしいかを尋ね、「高齢者福祉」「子育て」「若者定住」「雇用の確保」が上位を占めた。
 アンケートをしていて思ったことは、皆さんが町についてよくしゃべってくれたこと。単に項目を選ぶだけでなく、現町政への不満や「こんなことをしてみてはどうか」という提案、具体的でなく漠然とした意見もあったが、町民全員が「印南をもっといい町にしよう」とする思いがひしひしと伝わった。有権者の1%という少ない人数ではあるが、予定者には町民の大切な意見としてぜひ反映していただきたいと思う。紙面ではアンケート結果を参考に、残る2週間で候補予定者の政策面を追及していく。最後に、家事や仕事中に手を止めてアンケートに協力していただいた皆さんに感謝したい。
       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る