冬道の運転には危険がいっぱい

 冬本番。連日寒い日が続いている。昨年末には日高川町の山間部で積雪。筆者はNHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」の舞台となった寒川まで車を走らせ、うっすらと白く染まった町並みを写真に収めた。読者の皆さんに本格的な冬到来と美しい雪化粧の模様を伝えたいとの思いとは裏腹に、これが嫌いな取材の一つ。過去に幾度となくヒヤリとした経験があるからだ。
 幸い、昨年末のときは雪が積もっていたのは田畑や家屋の屋根、車のボンネットなどぐらいだったが、凍結路面や雪道には危険がいっぱい。筆者も、思わぬ方向にタイヤが滑ったり、ブレーキが利かなかったりして、前の車に接触しかけたり、あわや道路脇の畑へ落ちそうになったことも。視覚で分かる雪道に対し、凍結個所は見落とすこともあり、何年か前には通常通りに橋の上を走っているとタイヤがツルリ、センターラインどころか対向車線もはみ出してガードレールにぶつかりそうになったことがあった。
 冬道の運転には十分な注意と知識が必要。筆者も恐ろしい経験から注意点を頭にたたき込み、慎重な運転を心がけているが、あらためて調べてみると、まず凍結路面で特に危険な場所は橋の上や坂道、交差点の手前、日陰。坂道は遠回りになって時間がかかっても避けるようにすることが一番安全。運転では急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドルなど「急」のつく操作は避けることが重要で、危険個所への進入やカーブ手前では十分に減速、車間距離もいつもよりあけることが大切。タイヤもスタッドレスを装着したり、チェーンも用意しておきたい。これらのことに注意して、読者の皆さんも冬道の運転には十分ご注意を。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る