冬道の運転には危険がいっぱい

 冬本番。連日寒い日が続いている。昨年末には日高川町の山間部で積雪。筆者はNHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」の舞台となった寒川まで車を走らせ、うっすらと白く染まった町並みを写真に収めた。読者の皆さんに本格的な冬到来と美しい雪化粧の模様を伝えたいとの思いとは裏腹に、これが嫌いな取材の一つ。過去に幾度となくヒヤリとした経験があるからだ。
 幸い、昨年末のときは雪が積もっていたのは田畑や家屋の屋根、車のボンネットなどぐらいだったが、凍結路面や雪道には危険がいっぱい。筆者も、思わぬ方向にタイヤが滑ったり、ブレーキが利かなかったりして、前の車に接触しかけたり、あわや道路脇の畑へ落ちそうになったことも。視覚で分かる雪道に対し、凍結個所は見落とすこともあり、何年か前には通常通りに橋の上を走っているとタイヤがツルリ、センターラインどころか対向車線もはみ出してガードレールにぶつかりそうになったことがあった。
 冬道の運転には十分な注意と知識が必要。筆者も恐ろしい経験から注意点を頭にたたき込み、慎重な運転を心がけているが、あらためて調べてみると、まず凍結路面で特に危険な場所は橋の上や坂道、交差点の手前、日陰。坂道は遠回りになって時間がかかっても避けるようにすることが一番安全。運転では急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドルなど「急」のつく操作は避けることが重要で、危険個所への進入やカーブ手前では十分に減速、車間距離もいつもよりあけることが大切。タイヤもスタッドレスを装着したり、チェーンも用意しておきたい。これらのことに注意して、読者の皆さんも冬道の運転には十分ご注意を。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る