あの日忘れじ 鎮魂の風車

 福島県南相馬市の西山さんから、手作りの風車が届いた。東日本大震災後、7月末まで約4カ月間、美浜町の知人宅で避難生活をされていたとき、取材をさせていただいたのが縁。南相馬では民芸品の会社を経営、自身が描く地域伝統の馬の絵「駒絵」も玄人はだしで、8月には記事がきっかけとなり、みなべ町埴田にある井口食品の直売店で大震災チャリティーの西山さんの駒絵展も開かれた。
 地震、津波、さらに原発の放射能汚染が広がり、何重もの苦難から砂をつかんで立ち上がろうとしている福島の被災者。あの日から10カ月になろうとするいまなお、「道行く人たちの表情は暗く、なかば下を向いて歩いているのが普通で、はずむような声はどこからも聞こえてこない」という。5月にお話をうかがった際、「目の前に普通の日常があること。これがなによりの安心なんです」と話されていたのを覚えている。
 平穏で快適な日常が当たり前の時代。多くの人は不幸にも地震や水害で被害を受け、病気やけがで命の危険を感じて初めて、静かな日常の幸せ、健康のありがたさを知る。ある意味、幸せは不幸に直面しなければ実感できず、平穏も長く続けばありがたみを忘れる。それは生きるうえで不可欠な防衛機能ではあるが、痛みや苦しみのない退屈な日常こそが最大の幸せであるということを忘れてはいけない。
 紅白歌合戦では、長渕剛が石巻の小学校の校庭から、熱いバラードをうたって感動を呼んだ。忘れてはいけないと思いながら、どうしても薄れゆく悲しみ(幸せ)を呼びさましたあの歌と同じように、西山さんの風車が「カタカタカタ…」と小さな音をたて、風になった人たちの声を届けてくれる。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る