同級生のつながり大切に

 1992年日高高校卒業生の同窓会が、去る2日に南部ロイヤルで開かれた。筆者たちの学年は第2次ベビーブームの時代で、同高校では最多の11クラス、550人。卒業10周年の10年前は約250人集まったが、残念ながら今回は約100人に減ってしまった。
 前回と同様、1組のクラス幹事をさせてもらい、昨年暮れは人集めに汗。まず出欠の返信はがきが届いたのは49人のうちわずか数人で、あとは電話確認。ところが携帯電話でかけても出ない、連絡先がどうしてもつかめない等々。特に女性陣の自宅に電話する場合かなり気を遣うのだが、いろいろな悪徳商法がまん延している中で警戒されるのか、本人の携帯電話を聞き出すこともできず、こちらが連絡先を教えても待てど暮らせど連絡もしてくれないなど。また、考えてみればこの年代は仕事や家庭での子どもの世話などで忙しい時期で、なかなか20周年の同窓会の難しさを感じた。これがもっと年を取って50代、60代になると時間に余裕ができて集まりやすくなるのかもしれない。
 ただ、先輩方の同窓会の話を聞くと、100人も集まれば優秀な方だとか。当日はみんなアルコールも入って陽気になり、懐かしい思い出話に花。中にはごく身近な職場で働いている人がいることを知るなど、発見と驚きも。豪華景品が当たるジャンケンゲームもあって大盛り上がりで、2次会のカラオケにも結構な人数が集まった。それにしてもみんなほとんど高校時代と変わらず、ほんとに懐かしい思いがして、それぞれに頑張っている様子に感慨深いものがあった。「自分も頑張らなければ」と大きな励みにもなる。普段はほとんど会うことがないが、いつまでもこの同級生のつながり大切にしたい。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る