「1秒削り出せ」の気で

 正月の2、3日、第88回東京箱根間往復大学駅伝競走をテレビ観戦した。10区間で200㌔以上の長丁場のレース。これまでは他の番組のCMの合間にどこがトップか確認するだけだったが、ことしは箱根駅伝ファンの妻にチャンネルを占領されたこと、地元関係4選手がエントリーされていたこともあって、じっくりと伝統のたすきリレーに見入った。
 2年ぶりにV奪回を果たした東洋大は、本当に強かった。往路、復路とも大会新、総合でも大幅に大会記録を更新し、2位には9分2秒の大差をつけた。デッドヒートを期待していた人たちには少しつまらないレースだっただろうが、大きなリードを奪いながらも気を緩めることなく力走する選手たちの姿は、追いつ追われつの展開にも劣らないほど見どころがあった。
 東洋大が独走の中、テレビの実況で繰り返し伝えられていたのは「1秒を削り出せ」という言葉。3連覇を目指した1年前、わずか21秒差に泣いたチームは、それを合言葉に頑張ってきた。21秒の僅差は、10選手で割ると1人わずか2秒余り。1人が数秒縮められていれば優勝に届いたということを選手全員が自覚したうえで練習してきたことが、山登りのエースに頼るチームカラーを脱却させ、6人が区間賞を獲得する最強、最速のチームに進化させたのだろう。
 チームワークとは、力のない選手をかばいあうことだけではない。それだけでは真の強者にはなれない。1人の1秒は全体でただ単に10秒ではなく、大きな力になる。東洋大の走りは強い選手と一緒にチーム全体がレベルアップすること、それが本当のチームワークなんだと知らしめてくれたと思う。ことし1年、自分たちも「1秒を削り出せ」という気でいきたい。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. オンラインでも参加できます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る