未来は分からないから面白い

 1年を締めくくる有馬記念。日ごろ競馬をしない人でもこのグランプリだけは関心を持ったりして1年を通して一番の盛り上がりを見せる。筆者は馬券的にはあまりいい思い出はないが、スターホースがグランプリにふさわしい走りを見せることもある一方、伏兵の逃げ切り勝ちやGⅠ馬の復活劇など数々のドラマで感動をもらっている。レースの感動もさることながら、当日までの日々が楽しい。さまざまな人との会話に出ることも多く、馬や騎手の成績などで予想したり、世間で話題になっている人や出来事にちなんだ馬を探して盛り上がることも。後から思えば、「こんなところにヒントが…」なんて年もある。
 昨年のJRAの有馬記念のCM。競馬好きの仲良し4人組の一人が未来が見えるようになる。競馬場で会った仲間の若い男女は結婚していて2人の子ども連れ。もう一人の仲間の中年男性は有馬記念優勝馬の馬主になっていた。そして自分の未来を鏡で見てみると、あらら外国人になっていたというオチ。「未来は分からないから面白い」というフレーズで締めくくる。結果の方は、馬券対象となる1~3着は外国人騎手の馬が独占した。
 ことしの有馬記念は25日。先週ぐらいからスポーツ紙での取り扱いも大きくなってきた。今週はもっと紙面をにぎわすことだろう。筆者の周りでもちらほらと有馬記念の話題が。ことしも馬の成績などオーソドックスな面からの予想だけでなくさまざまな面から楽しむつもり。ヒントは話題の人たちか出来事か。それとも再びCMか。馬券を買わない人も、人付き合いの話のネタに考えてみては。ことしはどんな結末と感動が待っているのか。「未来は分からないから面白い」。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る