未来は分からないから面白い

 1年を締めくくる有馬記念。日ごろ競馬をしない人でもこのグランプリだけは関心を持ったりして1年を通して一番の盛り上がりを見せる。筆者は馬券的にはあまりいい思い出はないが、スターホースがグランプリにふさわしい走りを見せることもある一方、伏兵の逃げ切り勝ちやGⅠ馬の復活劇など数々のドラマで感動をもらっている。レースの感動もさることながら、当日までの日々が楽しい。さまざまな人との会話に出ることも多く、馬や騎手の成績などで予想したり、世間で話題になっている人や出来事にちなんだ馬を探して盛り上がることも。後から思えば、「こんなところにヒントが…」なんて年もある。
 昨年のJRAの有馬記念のCM。競馬好きの仲良し4人組の一人が未来が見えるようになる。競馬場で会った仲間の若い男女は結婚していて2人の子ども連れ。もう一人の仲間の中年男性は有馬記念優勝馬の馬主になっていた。そして自分の未来を鏡で見てみると、あらら外国人になっていたというオチ。「未来は分からないから面白い」というフレーズで締めくくる。結果の方は、馬券対象となる1~3着は外国人騎手の馬が独占した。
 ことしの有馬記念は25日。先週ぐらいからスポーツ紙での取り扱いも大きくなってきた。今週はもっと紙面をにぎわすことだろう。筆者の周りでもちらほらと有馬記念の話題が。ことしも馬の成績などオーソドックスな面からの予想だけでなくさまざまな面から楽しむつもり。ヒントは話題の人たちか出来事か。それとも再びCMか。馬券を買わない人も、人付き合いの話のネタに考えてみては。ことしはどんな結末と感動が待っているのか。「未来は分からないから面白い」。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る