がんばろら 日高川町④ 尾崎美秋さん

 尾崎さん=皆瀬=は11月18日、美容室「パーマハウス あむーる」をリニューアルオープンさせた。女手一つでの再出発。「お世話になった方への感謝の気持ちを忘れず頑張っていきたい」と大切なはさみを握る。
 水害の夜、阿田木地内の高台にある知人宅へ避難できたが、父が営む理髪店兼自宅の一角に構えた店は大きな濁流に襲われた。夜が明けてすぐに戻ると、まだ水が渦を巻いていて近づけない状態。昼過ぎになってやっと様子を見に行けたものの、自宅は2階まで浸水、店内は物が散乱してめちゃくちゃだった。周辺一帯に漂う泥の臭いで心が折れそうになるなか、これまでともに過ごしてきたはさみを真っ先に探した。ワゴンの上とケースの中にそのまま残っていたのを見つけ、少し落ち着けた。
 昭和63年に和歌山市からUターン。地域の人の支えがあって、20年以上も頑張ってこれたとの思いがある。水害から2週間が過ぎ、片付けもひと段落したころ、常連客が「カットだけでもしてくれへんか」と来店。「やるからには中途半端な仕事はできない」とためらったが、「お客さんあっての私」と汚れを落としてきれいにしたはさみを手に取った。捨てるつもりにしていた鏡を立てかけ、食卓用のいすをセット。カットが終わり、 「気持ちよくなったわ」との声にやる気を取り戻した。義援金や保険金がもらえるか分からず、思い切って商売道具を処分しようかと悩んだが、日に日に増える客の笑顔に心は自然と美容室再開へ向かった。
 しばらくは雨が降ると夜中に目が覚め、いまでも雨量が多いという天気予報に不安を感じる。避難した際、美山大橋をのみ込む水の勢いに圧倒され、その夜、恐怖で一睡もできなかったことを思い出すからだ。休まず働く役場職員には感謝の半面、「避難指示は遅かった。寝ている間に水がきて冷たいよでは遅い。放送設備も個別受信機もあったのに、地域に合った情報がほしかった」と防災対策の見直しを求める。
 生活再建も軌道に乗りつつあり、「本当に皆さんのおかげ。奇跡的に生き残ったはさみも励みになりました」と新店舗で笑顔を見せる。「お客さんが帰るときに、にこっとしてもらえるように」。初心を胸に、きょうも明るく「いらっしゃいませ」と客を迎える。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る