一攫千金を夢みる師走

 市内湯川町財部、御坊保健所向かいにある宝神社が、縁起のいい神社名にちなんで夏と年末にジャンボ宝くじの当選祈願祭を始めてから数年が経った。近年は初詣ツアーや当選祈願ツアーの客も多く訪れているが、総代会や氏子による素朴な手作り感覚の催しがよく行われる小さな神社で、「寒いやろ」と熱いお茶を振る舞ってくださるなど取材時にはいつも温かさを感じている◆宝くじは時折思い出したように購入しているが、この頃は1度に3枚だけ買っている。連番で10枚買えば下1けたの当選分300円は必ず戻ってくるが、それでも2700円のマイナス。3枚なら全部外れても900円のマイナスで済む。年末の当選番号発表をワクワクしながら見られるのは10枚でも3枚でも同じこと。それなら1枚でもよさそうなものだが、それだとさすがに心もとない気がする◆神社関係者の神戸方面の知人によると「宝神社で祈祷した宝くじで1億円当たった人がいるらしい」との噂があるが、確認はできないとのこと。関係者が実際に把握しているところでは、これまで同神社で祈祷を受けた人の中から100万円の当選は数回あり、お礼参りに来た人もいるという◆筆者はいつも当選祈願祭を取材したあと遅まきながら購入しており、まだ祈祷してもらったことはないが、取材で宝神社にご縁ができたお陰か、買った3枚の中に下1けたの当選番号があったということが不思議に続いている。このようなささやかな幸運を喜ぶ心を持ち続けるようにすれば、いずれは大きな幸運を呼んでくれるのでは…などと思うが、そこですでに一攫千金を願う心になってしまっているかもしれない。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る