頑張っている人に学ぶ

 スポーツに打ち込んでいる人の取材。一生懸命に頑張っている人たちからは、いろんな教訓も得られる。この1年間もさまざまな選手や指導者に話を伺うことができた。
 弓道で見事日本一になった男子高校生。「ほとんどの人が高校生になってから始めるスポーツ。スタートラインが一緒で、目指そうと思えばとことん上を目指せると思って頑張ってきました」。平日4時間、休日なら8時間も練習に打ち込み、才能ではなく努力で栄冠をつかんだと胸を張っていた。入部2年半の間に得たものはたくさんあり、「礼儀」と「切っても切れない仲間」はこれからの人生にも役立つと充実感いっぱい。さらに「まだまだやりたいことがある。大学で日本一、それに将来は警察官になりたい。弓道にも一生携わっていきたい」と目を輝かせていたのが印象的だった。
 高校女子ホッケー部の指導者は「成せば成る」という言葉を大切にしている。高校生時代、決してスーパースターではなかったが、全国大会に3回も出場。2年春の選抜大会ではベスト8入りを果たした。当時の指導者の指示で地道にコツコツと基本練習を繰り返し、「できないことができるようになった。難しいことでも時間をかければできるようになり、同時に達成感を味わい、粘り強さも備わったと思う」。目標を定め、あきらめずに汗を流せば結果はついてくる、そんな自身の体験を生徒たちにも伝えていっている。
 仕事がうまくいかなかったりした時、取材した人たちの言葉を思い浮かべると突破口が見つかり、またやる気が出る。さまざまなインタビューの模様は本紙も一部担当している県の和歌山国体HP内、応援メッセージコーナーで紹介中。ぜひ見てもらいたい。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る