国家を憂い、本分に力を

 大阪ダブル選は大方予想通り、維新の圧勝で幕を閉じた。代表の橋下前知事は大阪都構想を争点に、平松前市長ら反対派をのみ込む形で、前代未聞の知事から市長へくら替え出馬。その強引な政治手法に批判も少なくないが、「独裁」と呼ばれるほどの決断力、実行力、スピードに対し、「反独裁」「民主主義」を掲げた戦い。有権者が維新にまちの将来を託した結果、大阪府民、市民は民主主義より独裁を選んだということになるのか。
 来年はアメリカ大統領選があり、ロシアも大統領がかわり、中国も国家主席がかわり、韓国、台湾…日本にとって非常に重要な国、周辺国のほぼすべてのリーダーが交代する。不気味な北朝鮮は強盛大国の門を開くといい、金日成主席の生誕100周年、金正日の古希を祝い、さらに金正日の三男正恩の生誕30周年に合わせ、3回目の核実験など不安と緊張がかつてなく高まる。
 野田首相のTPP交渉参加決定により、日本は国際社会に新たな一歩を踏み出した。太平洋への進出、覇権を狙う中国に対抗していくためにも、日本は日米同盟を基軸とし、環太平洋の国々と民主主義、自由経済の連携を強めていかねばならない。閉そくの時代に生まれた政界の風雲児、橋下氏がこの先どう評価されるか分からないが、日本のリーダーである野田首相は、誤った大衆の叫びに迎合して国の進むべき道を間違ってはならない。
 江戸末期、昭和の日米開戦前夜のころのように、来年は世界が超激動の年となる。橋下氏の人気はどこにあるのか。既存の政党はすり寄らずに分析、反省し、国会議員はいまこそ国家を憂い、本分である安全保障と外交を第一に能力を発揮せよ。       (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る