一日も早い復興願い…

 三十数年前、記者になって初めて担当したのが日高川筋の川辺、中津、美山の1町2村(現日高川町)。右も左も分からない筆者にとってこの地域の人たちは非常に親切でアットホームだった。
 例えばこんなことがあった。冬の寒い朝、雪の取材を終えて帰ろうとしたところ路面が凍ってタイヤが滑り、立ち往生してしまった。何とか近くの学校のグラウンドまで車を動かして休憩させてもらったのだが、職員室でお茶とお菓子をごちそうになり話をしているうち、何人かの先生が「きょうはもう帰れんかもしれん。うちで泊まっていったらどうな」ときた。いくら記者の名刺を持っているとはいえ、どこの馬の骨とも分からない、しかも初対面の人を自宅に泊めてやるという。この日は幸い雪も早くやんでお世話になることもなかったが、この地域の人たちは万事がこういった調子で本当に純朴でやさしかった。
 その日高川町の人々が、いま災害のつめ跡に苦しんでいる。あの悪夢の台風12号からもうすぐ4カ月になろうというのに、いまだ生活に不便を来している人がたくさんいる。筆者の周りにも自宅が水害にやられ再建するまで妻の実家で暮らす人、1階が水に浸かって使えず2階だけで生活している人もいる。
 こうした中、本紙の企画「がんばろら日高川町」では、もとの生活を取り戻そうと頑張っている人を紹介、現状や課題を探った。少しでも被災者の皆さんの役に立てればという思いからだが、町や県の関係者には「いま被災者が最も望んでいること」を常に頭に置いて行動することを願い、一日も早い日高川町の復興、復旧を祈ってことしの納刊としたい。 (高)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る