来年も絆を深めよう

 山登りの神・柏原の4年連続区間賞なるか、地元日高地方出身選手の活躍など、正月恒例の箱根駅伝は今回も見応えがありそうだ。往路、復路合わせて217・9㌔、2日間で10時間余りの長期戦だが、少しテレビを離れた間に展開が大きく変わるドラマのような面もあり、ファンは多いだろう。陸上は個人競技というイメージが強いが、駅伝は団体スポーツの究極の形ではないだろうか。野球のように攻守の交代時間はなく、サッカーのようにボールが出てプレーが止まることもない。一瞬たりとも手を抜くところがなく、ずば抜けた選手が一人いれば勝てるわけでもない。最も単純で、最も結果の読めない競技。すべては1本のたすきをつなぐため。「絆」という言葉が最も似合うスポーツともいえるのではないだろうか。
 2011年が間もなく終わろうとしている。災害抜きにことしを語ることはできないが、同時に人のつながりを感じ、求めた1年でもあった。台風12号で被災した日高川町で農業関係者を中心に取材したが、多くの人から聞こえたのは「ボランティアの皆さんに助けられ、元気をもらった」という言葉だった。困っている人を見ると、いてもたってもいられない、少しでも役に立ちたいという純粋な気持ちが人を救った。ことしの漢字が絆であったのがうなずける。
 核家族化など地域の連帯感が薄くなっている中で、絆やつながりという言葉が今後のキーワードになるのは間違いない。駅伝とまではいかなくても、他を思いやる気持ちは、地域の防災力も高める。災害はことしの一過性であってほしいが、強めた絆は来年以降も続いていく、そう願って1年の締めくくりとしたい。       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る