ロボットのまち一層の発展を

 日高地方でことしのトリを飾る最大級のイベント「きのくにロボットフェスティバル」が、クリスマスイヴの24日午前9時半から市立体育館で行われる。和高専が全国ロボコン大会で準優勝したのを機会に始まって5年目。毎回、有名企業ロボットのデモンストレーションや小・中学・高校生らのロボットコンテストなどが行われ、将来的な「ものづくり」を担う子どもたちに大きな夢と感動を与えている。
 ことしの目玉は独立行政法人産業技術総合研究所の女性型ロボット「未夢(みーむ)」。人間に近い外観を持ち、歩いたり、顔の表情を変えたり、声を出したりする。毎回、フェスティバルではいろんなロボットが出演しているが、そのたびに「写真で見るより、実際目で見るとやはりすごい」と衝撃を受ける。日本の科学技術の素晴らしさを実感し、将来への期待がわいてくるような思いだ。だから今回もぜひ多くの人に会場に足を運んでもらいたい。特に未夢については当初出演交渉が難航していたが、御坊商工会議所の吉田会頭と故川口正人専務が東京に幾度となく足を運び、出演にこぎつけた経緯があることも紹介しておきたい。
 そういったロボットフェスティバルは全国的に知名度が上がり、地域活性化にもつながっているが、このフェスティバルだけでは当初掲げていた「ロボットのまちづくり」というにはまだ弱い。例えば地元企業が新しいロボットを開発するとか、行政が街中に観光案内用のロボットを設置するとか、本格的にロボットのまちにするにはもっと何かをしなければならない。もともと、ロボットの土台がない地域だけに難しい面もあるが、せっかくここまできたのだから来年はさらなる発展を期待したい。
       (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る