日本語ができた歴史

 先日、印南町出身の芥川賞作家辻原登さん(65)の講演会を取材した。作家の講演会は初めてで、「人類の始まりはアフリカの…」と難しそうな出だしだったが、白浜や印南の名前の由来や、最後はちょっと不思議な短編の朗読など、全体的にはわかりやすく面白い内容だった。
 中でも印象的だったのが、日本の文字の始まりで、普段、何気に使っている「漢字」の話。もともと日本には言葉はあったが、文字がなかった。そこへ中国から学生時代国語の授業でおなじみの漢語が入ってきた。日本人が最初に漢字を見たときは、言葉を記号化したものとは気づかず、呪文やまじないかと思ったという。どうやって取り入れたのかは、例えば「雪」の場合、漢人に雪を見せて、「これはどんなに書くのか」と訪ね、「雪」と書いたのを見て、日本では「雪」と書いて「ゆき」と読むようにした。この方法で、あらゆる漢字を取り入れていった。もし日本に入ってきたのが英語なら「snow」と書いて「ゆき」と読むようになっていたかもしれないので驚きだ。さらにこういった他国の文字を取り入れているのは世界でも日本だけという。ただ漢語が現在の日本語になっておらず、ひらがなやカタカナができたのは「当時の日本人が歌の読みを後世に残したかったから」と辻原さんは言う。
 パソコンや携帯電話などの普及により、漢字離れが進んでいる。正直なところ筆者もとっさに思い出せないことが多い。辻原さんの講演を聴き、1000年以上も前の日本人が数百年試行錯誤を繰り返し作り上げてきたこの日本の文字を、衰退させることなく大切にしていかなければならないと感じた。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る