真珠湾から70年、連載を終えて

 真珠湾攻撃から70年目のことし、8月と今月の2回に分けて、計10話13回の連載に挑戦した。延べ30人以上に取材し、多くの方にご協力いただいた。日々の取材の合間をぬっての訪問は夜や休日の朝になることもあったが、どの方も軍隊記録や写真、遺品などできる限りの準備を整え、無知で不勉強な筆者に3時間も4時間も話を聞かせてくれた。
 戦争体験者は90歳前後。当然ながら、記憶はおぼろげで断片的。それを1つずつ確認し、つなぎ合わせる作業は決して楽ではなかったが、毎晩、取材ノートとインターネット、戦争に関する資料に向き合い、 極寒のソ満国境、熱帯の密林などを想像しながら、記者の原点に立ち返って、読者に向けて人を書くことの難しさと楽しさを感じた。
 電話、手紙、メール、ファクスなど、いろんな形で予想以上に反響があった。戦死した人の遺族からは「記事にしてもらって、お盆にいい先祖の供養になった」、郷土史研究家からは「以前、自分がやろうとしてできなかった調査をしてもらった。ありがとうございます」という感謝の言葉もいただいた。
 第8回「レイテで死んだおじいちゃん」には、由良町の男性から「谷口さんの靖国神社参拝後の情景など胸をつまらせました。客観的な事実に一雫の涙が名文とされていますが、まさにそれでした。こういう記事が活字ばなれを食い止めるのではないでしょうか」。
 戦後生まれの40代のあの戦争に対する思いと国家観を、同じ40代の筆者が記事にし、一面識もない戦争体験者の読者に響いた。企画に意義があったと確信するとともに、記者冥利に尽きる反響、また新たなテーマに挑戦したいと思う年の瀬。         (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る