根源的な自尊心の大切さ

 物心ついた頃から、実在、非実在取り混ぜてずいぶん多くの人物に夢中になってきた。筋金入りのミーハーを自任している◆小説や漫画の登場人物、歌手、映画俳優、作家、歴史上の人物、歌舞伎役者、お笑いコンビとジャンルは多岐にわたるがアイドルに夢中になったことはなく、SMAPにも長らく関心を持たなかった。それがあるきっかけで彼らの番組をよく見るようになり、初めて「キムタク」こと木村拓哉さんをじっくり見た。そして言動をずっと見るうち、単に外見がカッコいいだけでなく揺るぎない芯のある人だと思うようになり、あっという間にファンになったのであった◆先日、美浜町の人権講演会を取材した。講師は木村拓哉さんの母、木村まさ子さん。「いただきます・おいしい・ごちそうさまでした、の3つを声に出して言うことで、目には見えないけど大切なものが心に育まれる」など子育てにおける食と言葉の大切さを説いていた。特に印象に残ったのは、自分自身を肯定する言葉の効果を話した時。自分をほめてあげることで「人として一番大事な自尊心」が育つという。穏やかな笑顔の外見は拓哉さんとよく似ているわけではないと思ったが、この言葉を聴いてやはり親子なんだなと納得がいく気がした◆根源的な部分で確立される自尊心。それは慢心とはまったく次元が違う。それがあるからこそ必要以上に力まず、臆せず、自然な気持ちで世界と向き合うことができる。大地を踏みしめて立つ、揺るぎないスタンスで◆いろんな人のファンになってきたが、おかげでいろんな価値観を学べる。ミーハーであり続けることは前に進む原動力ともなっている。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る