業者は安全性を明確に!

 市内塩屋町森岡地区の産業廃棄物最終処分場計画は、県の建設許可に向けた審査基準がおおむねクリアし、いよいよ着工の方向になってきた。業者側が県に許可申請を行ったのが昨年11月。許可は半年もあれば下りる見通しだったが、すでに1年が経過。やはり最終処分場が県内初の管理型施設であり、県は慎重に審査してきたようだ。県いわくまだ専門家や関係自治体の意見を聞いておらず、最終判断はその後としているが、すでに実績のある施設でもあり、手続き上は問題ないだろう。さらに地元区は雇用確保や公園整備のメリットから建設にはすでに同意。地権者も承諾しており、法的にみれば建設を妨げる事情もない。
 とはいうものの、共産党議員や紀州日高漁協、一部民間団体らが反対している。地元区民の中にも同意はしたものの、不安を持っている人もいると聞く。今回の管理型施設は簡単にいえば穴を掘ってシートを敷いた上に廃棄物を埋めてさらにシートでかぶせる方法。反対の人たちがいうのは「長い年月が経過すればシートが劣化して廃棄物の汚染水が周辺に漏れる」「明神川や地下水脈を伝って海に流れ出して、漁業に影響の恐れもある」などの声。確かに可能性はゼロではない。
 ただ、これらの反対や不安の声が出ている中も、法的な拘束力がないため処分場の建設は進んでいくと思われる。反対している人たちにはしかられるかもしれないが、建設するならするで業者に対しては施設の安全性と対策、補償、メリットなどを一層明確にして、充実させてほしいと願う。許可を出す立場の県、意見をいう立場の市には、しっかりした業者の監視、指導を要請したい。何かあれば「ほれみたことか」と、福島原発の二の舞である。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る