オタ芸の激しさに圧倒

 オタ芸というのを知っているだろうか。アニメやゲームのキャラクターに扮するコスプレイヤーやアイドルと一緒に熱狂的なファンが踊る振り付けのことである。両手の人差し指を斜めに突き上げたり、腕をぶんぶん振り回したりする踊り。先日、これを復活商工祭のイベントの一環で初めて見た。
 それにしても思った以上に激しい踊りだ。全員が力いっぱいにものすごいスピードで体を動かしている。偏見だと思うが、オタクといえば自宅にこもってパソコンやテレビゲームの画面にくぎ付けになっているようなヒョロヒョロな人を思い浮かべるが、この人たちはとても熱気がある。中にはちょっと体力がないのか息を切らしながらの人もいたが、それでも汗だくになりながら必死。一見すると異様なムードだが、何がこの人たちを熱狂させるのか、何がそんなに楽しいのか、そんなことを思いながらついつい見入ってしまった。人目を気にせず何か一つのことにここまで打ち込めるのはうらやましいし、見ていると元気や勇気を与えてくれるようにさえ感じた。
 かつてお笑い芸人の宅八郎さんがよくテレビに出ていたころはオタクといえばあまり表に出てこなかったと思うが、いま国内では人気アイドルグループの「AKB48」のファンをはじめ、アニメやゲームのオタクが一種のステータスを築き、どんどん前へ出てきている。かつてのオタクという暗いイメージではなく、自分の好きなことに打ち込む真っすぐな人たちというイメージができつつある。前も小欄で書いたが、このオタクのパワーを地域活性化につなげられると、今回の商工祭で確信した。今度はぜひ御坊・日高でオタ芸全国大会でも開いてはどうだろうか。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る