オタ芸の激しさに圧倒

 オタ芸というのを知っているだろうか。アニメやゲームのキャラクターに扮するコスプレイヤーやアイドルと一緒に熱狂的なファンが踊る振り付けのことである。両手の人差し指を斜めに突き上げたり、腕をぶんぶん振り回したりする踊り。先日、これを復活商工祭のイベントの一環で初めて見た。
 それにしても思った以上に激しい踊りだ。全員が力いっぱいにものすごいスピードで体を動かしている。偏見だと思うが、オタクといえば自宅にこもってパソコンやテレビゲームの画面にくぎ付けになっているようなヒョロヒョロな人を思い浮かべるが、この人たちはとても熱気がある。中にはちょっと体力がないのか息を切らしながらの人もいたが、それでも汗だくになりながら必死。一見すると異様なムードだが、何がこの人たちを熱狂させるのか、何がそんなに楽しいのか、そんなことを思いながらついつい見入ってしまった。人目を気にせず何か一つのことにここまで打ち込めるのはうらやましいし、見ていると元気や勇気を与えてくれるようにさえ感じた。
 かつてお笑い芸人の宅八郎さんがよくテレビに出ていたころはオタクといえばあまり表に出てこなかったと思うが、いま国内では人気アイドルグループの「AKB48」のファンをはじめ、アニメやゲームのオタクが一種のステータスを築き、どんどん前へ出てきている。かつてのオタクという暗いイメージではなく、自分の好きなことに打ち込む真っすぐな人たちというイメージができつつある。前も小欄で書いたが、このオタクのパワーを地域活性化につなげられると、今回の商工祭で確信した。今度はぜひ御坊・日高でオタ芸全国大会でも開いてはどうだろうか。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. あでやかに大変身

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る