日高女子の姿に感動

 6日に日高川町で開かれた全国高校駅伝競走大会県予選会で、4連覇を狙った日高女子は惜しくも準優勝。1区にエースを配し、大差のリードを奪う作戦は的中したが、中盤から後半にかけて伸び悩んだ。戦前の予想通り、笠田がじわりじわりと追い上げる展開となり、4区でトップを奪われ、アンカー勝負も不発に終わった。絶対的エースを有する日高に対し、総合力で挑んだ笠田。1本のたすきを5区間つないでいく駅伝のおもしろさを味わわせてくれるレースだった。
 日高女子は、特にレース終了直後の選手たちの姿が印象に残っている。トップの笠田がテープを切って40秒後、アンカーがゴールへ飛び込んできた。両手を顔の前で合わせ、再逆転できなかったお詫びのポーズで駆け抜けた。本部前で他の選手たちに「ゴメンなさい。タイムも悪かったし…」と泣きながら謝り、他の選手たちは必死でかばう。一人一人が責任を転嫁せず自分のことと感じて泣きじゃくる姿は、チームワークの素晴らしさを周囲に伝えていたように思う。それに自分たちの気持ちがまだ整理できていない時、笠田の選手が隣に現れた。普通なら他のチームのことを考える余裕はないはずだが、選手たちは「おめでとうございます」「頑張ってください」と言葉をかけていた。悔しさいっぱいの中でも勝者をたたえる。立派な行為で感動させられた。
 昨年の都大路で、最下位にもかかわらずアンカーの選手がゴール後にコースへ向かってお辞儀。その様子が多くの感動を呼んだのも記憶に新しい。スポーツを通じて、いろんな部分で成長しているのだと思う。駅伝は精神面も重要な勝敗のかぎ。来年はきっとリベンジを果たしてくれると確信している。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る