電気自動車の発展に期待

 先日、御坊自動車整備協同組合(北垣順一理事長)が開いた電気自動車の勉強会を取材した。会員ら50人が試乗したり、仕組みや国からの補助金などで説明を受けた。
 指導は和歌山三菱自動車販売㈱で、電気自動車は同社の軽自動車「アイ・ミーブ」と12月発売予定の箱バンタイプの商用車「ミニキャブミーヴ」。筆者も試乗させてもった。ハイブリッドにも乗ったことがないので、初の電気自動車。まず感じたのが、まったくと言っていいほど音がしないこと。試乗した会員のほとんどが最初の感想として言っていたが、いつ起動したのかわからないくらい。また電気自動車は加速が悪い印象があったが、そういうことはなかった。時速50㌔まで出してみたが、個人的にはガソリン車と変わらないくらい。説明を聞いたところ、エンジン回転を上げないと最大トルクを発生しないガソリン車と違い、電気自動車はすぐに最大トルクを発生するというので、むしろ加速はいいという。
 価格は箱バンタイプで、通常の箱バンよりは数十万円高価。ただ深夜料金などで電気代を安くすれば、数年で元が取れるという。環境によいので、いつか車を買い替えるときには視野に入れたいところだが、気になったのは航続可能距離。100㌔から200㌔程度でエアコンを使ったり、路面状況によってはさらに短くなる可能性があるという。この2つの車は用途が街乗りなどのため十分と思うが、一日100㌔以上乗ることもある筆者には少し不安。しばらくはガソリン車のお世話になりそうだが、今後、電気自動車の技術の発展や充電スタンドの普及などに期待したい。
       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る