特産ホロホロ鳥の復活願う

 台風12号で、日高川町特産のホロホロ鳥も大きな被害を受けた。中木地内の飼育小屋が水没し390羽が死滅し、坂本地内の解体処理施設も壊滅的被害を受けた。現在、被害を免れた坂本地内の残る1軒の農家が406羽を飼育しているが、解体処理施設が利用できないため出荷に支障を来している状況。このため現在品薄状態で、産品所で販売中の冷凍肉も残りわずか。産品所隣のほろほろ亭でも提供できるメニューは少なく、きのくに中津荘にいたっては完全にストップしている。
 ホロホロ鳥はアフリカ原産のキジ目の鳥。フランス料理などで使われることも多く「食鳥の女王」などと呼ばれる。以前、きのくに中津壮でホロホロ鳥のフルコースを食べたことがあるが、女王の名にたがわず美味。世界一長い対決で有名な焼き鳥をはじめ、タタキ、ササミカツ、すき焼き、肝煮などの料理で堪能したが、肉の味は野鳥と鶏肉の良いところを併せ持ち、脂肪分が少なめであっさりしながらも弾力性に富む。鶏肉好きの筆者にとってたまらない食材だが、そんな味と世界一長い焼き鳥対決などでの知名度で地域活性化に貢献している。
 復旧が進む中、町内の公的観光施設を管理運営する民間企業が、台風被害で貴重となったホロホロ鳥を使って町に明るい話題を提供しようとほろほろメニューを一新した。試食会で口にしたが、改良したラーメンにはじまりホロホロ鳥ダシのチャンポン、ネギマも絶品。一同が舌鼓を打った。町では1000万円をかけ、解体処理施設の復旧に当たっており、年内の操業を目指している。一日も早くもとのように目いっぱいさまざまなほろほろ料理が堪能でき、再び全国へその名をとどろかせる日が来ることを願いたい。
      (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 笑う門には福来たる~

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る