災害から感じる日本人の美徳

 ことしは災害が多い年だ。3月の東日本大震災をはじめ、9月には県内でも台風12号で大きな被害を受けた。海外に目を向けても先月からタイで大洪水の被害が発生している。近年の異常気象のせいか、大規模な災害が多発する傾向にあるといわれている▼民間災害ボランティア団体、紀州梅の郷救助隊もことしは例年にないほど多く出動。東日本大震災関係では4回、台風12号では20回を超え、復旧支援活動に取り組んだ。被災者にとっては土砂の撤去だけでも気が遠くなるほど時間がかかる作業で、ボランティアの活動なくしては早期の復旧はあり得ない▼日本では互いに助け合うという心が根付いている。昔から「困った時はお互いさま」というように、協力し合って生活してきた。災害時にもその心が生かされ、全国各地からボランティアが集合。特に福島の原発事故では高齢者が決死の覚悟で作業に当たるという「福島原発暴発阻止行動隊」は、その最たるものだろう。中国では車にひかれた女児を助けようともせずに18人が通り過ぎたという出来事もあったが、日本人の美徳はまだまだ捨てたものではないと感じた▼司馬遼太郎は著書「二十一世紀を生きる君たちへ」でこう記している。「自然物としての人間は決して孤立して生きられるようにはつくられていない。このため、助け合うということが人間によって大きな道徳となっている。助け合うという気持ちや行動のもとのもとは、いたわりという感情である。他人の痛みを感じることと言ってもいい。優しさと言いかえてもいい」。日本にも日高地方にもそんな心の持ち主がたくさんいることを、度重なる災害から感じた。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る