本気の遊び心が創造を生む

 和歌山高専前副校長、藤本晶さんの本紙連載コラム「フジモトの実践教育論」は独自の教育論を展開する読みごたえある内容で、いつも勉強させていただいている。今月は「子ども達に積極性と創造性を培う環境を」との趣旨で書かれており、感銘を受けた。創造性という言葉から、先日取材した前嶋順子さん(日高町)の古希記念大津絵展を連想した◆前嶋さんのすごいところは、企画段階から「空間プロデュース」に情熱を注いでいること。作品を見せることに主眼を置く通常の作品展とは様相が違い、作品をモチーフとした「場」の構築が重んじられている。風刺画や教訓画という性質を持つ素朴な大津絵に、粋な色っぽさが魅力の浮世絵を合わせる。さらに趣味の旅行で手に入れた民芸品が、持ち味に合わせ作品と並べて配置される。新感覚の美がそこに出現する◆取材していて感動するのは、その自由自在な発想のジャンプ力だ。骨董品や美術品にも趣味を持ち、テレビ等で見た美術展が気になると車を飛ばして出かけるという前嶋さん。そのフットワークの軽さには頭が下がる。たとえどんなに経済力や時間のある人でも、それだけでこんなことはできない。粋な「本気の遊び心」が必要なのだ◆藤本さんが今回のコラムで懸念されていたのは、今の子どもたちを取り巻く便利すぎる環境だ。至れり尽くせり、想像の余地のない遊び空間からは「本気の遊び心」も生まれようがない。本気で面白いと思うことを徹底的に追求する。必要なことだけを適当にこなすという生き方では味わえない充実感がそこにはある。そんな心を持ち続けることが、人生を2倍にも10倍にも楽しくする。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る