大胆に宮子姫を発信

 日本のシンデレラと呼ばれる宮子姫をPRしようと去る23日、初の顕彰祭が行われた。メーンの時代・稚児行列では雅やかな衣装の宮子姫役はじめ女官や稚児ら総勢100人が練り歩き、多くの見物人が詰め掛け大盛況となった。前夜祭からのちょうちん点灯も幽玄の世界を演出して盛り上げに一役。宮子姫を全国発信する第一歩を踏み出した。
 ただ、全国発信となるともっと大胆かつ積極的なPR方法が必要になる。前にも小欄で書いたが、有名女優に演じてもらって宮子姫物語の映画や大河ドラマを作るのも一つの手。さらに編集部でも話になったが、今回のような時代行列の様子を全国メディアで流してもらうような広報活動もしなければならない。当日はテレビ和歌山が取材にきてくれていたが、全国ネットのテレビ局はなかったように思う。
 あと、予算的なことを度外視するならば、相当な宣伝効果が期待できる方法もある。例えば大人気のアイドルグループ「AKB48」のメンバーに宮子姫や女官役をしてもらい、時代行列をすれば話題になること間違いなし。「宮子姫のイメージが壊れる」とおしかりを受けるかもしれないが、多くの報道陣やファンが集まるだろう。あるいはこちらから出向いて衣装を持っていき、東京で時代行列をする方が、全国発信という点からは効果があるだろうか。
 何にしても御坊・日高の有志が長年思い描いてきた宮子姫を生かした地域活性化の取り組みが、ようやく本格的なスタート切ったばかり。時代行列にしても他の取り組みにしても一層の工夫が必要だが、やはり毎年継続して実施していくことが一番肝心なのかもしれない。
       (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る