「今年の漢字」は?

 ことしもあと2カ月と少しになった。まだ暖かい日もあるが、これから徐々に年末モードになっていくのだろう。年末と言えば 「今年の漢字」 。財団法人日本漢字能力検定協会では、11月1日から募集をスタートする。ことしはどの漢字が選ばれるのだろうか。出来事を振り返ってみる。
 国内では▽1月=タイガーマスク運動▽3月=東日本大震災、福島第一原子力発電所の原発事故▽4月=焼肉屋で集団食中毒▽7月=女子ワールドカップサッカーで日本女子代表が初優勝、地上アナログテレビ放送の終了▽8月=野田佳彦新内閣が発足▽9月=台風12号で紀伊半島に大規模な土砂災害など。海外では、5月のウサマ・ビンラディン死亡報道や10月のタイの大洪水、トルコ東部で大地震などだろう。
 ことしもいろいろあったがもっとも印象的なのは、いまでも傷跡が大きく残る東日本大震災。紀伊半島での台風、海外での洪水、地震などもあり 「自然災害」の 「災」 が浮かぶが、新潟県中越地震などがあった2004年が 「災」 だっため、外されるかもしれない。原発の「原」 、津波の 「波」 、水害の 「水」 なども思いつく。復興へ国内外から多くの支援が寄せられ、人と人とのつながりの大切さを強く感じたことなどから、なでしこジャパンのユニフォームテーマにも取り入れられた 「絆」 も有力候補だろう。
 いずれにしても東日本大震災は、外すことのできない出来事。本県でも南海・東南海地震の発生が危ぐされている。最近は小さいながらも地震が多くなり、不吉な予感がさせられる。ことしを振り返るとともに、あらためて意識を高めたい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る